BODY MAKE SPA

とっておき美容情報

太りやすいのは体質ではなく体温のせい!?低体温のデメリット!

これからBODY MAKE SPA 恵比寿店をご愛用の皆様にとっておきの美容情報をどんどん更新していきますので、ぜひチェックして頂ければ嬉しいです!

毎週美容関係の方々と勉強会を開いて、美容に関する知識をどんどん増やしていますので、皆様にも少しでも知って頂きたく思います。

今日のテーマは「低体温」!

低体温は、35.5度〜36度前後と言われております。

皆様の中にも低体温の方が多いのではないでしょうか!?
低体温のデメリットの一つに、内臓温度が下がることで基礎代謝も低下することがあります。
基礎代謝とは、何もしなくても身体が消費するエネルギーのこと!

1日で必要なカロリーって!?
男性は、1800〜2000キロカロリー
女性は、1600〜1800キロカロリー
上記の60%〜70%は基礎代謝で消費されています。

ということは、この基礎代謝が大きいと食べても太りにくい体であるといえますね。

しかし体温が1度下がると基礎代謝は約12%も低下します。1日の基礎代謝が1400キロカロリーとすると、その12%は168キロカロリー。

これはウォーキング50分の消費カロリーと同程度です。

さらに内臓の温度が下がると血の巡りも悪くなり、老廃物もうまく排出されません。
これは肌のターンオーバーにも影響し、肌がくすんだり、吹き出物が出たり、老化も進んでしまいます。

自分の体温を知ることはすごく大切ですね。
BODY MAKE SPA 恵比寿店では、体温36.5度を保てる体にサポートさせて頂きます。
低体温でお悩みの方がいましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

本日は、体温と健康の関係についてでした。
こういう情報教えて欲しい。などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

美容・ダイエットのスペシャリスト
BODY MAKE SPA 恵比寿店 

DSC_4134